変形の土地でも家を建てられる!

変形の土地の良い点とは?

注文住宅を建てるときは、できることなら四角形や長方形といった土地が良いでしょう。理由は建てられる建物の制約が少なくなるため、理想に近い家が手に入る確率が高いからです。では変形の土地では駄目なのかというと、決してそんなことはありません。実は都会にある変形の土地には、いくつかのメリットがあるのです。まず周辺の土地に比べると、割安になっていることが多いという点です。坪数やどの程度特殊な形をした土地なのかにもよりますが、正方形や長方形の土地よりも二、三割安くなっているケースは珍しくありません。加えて変形の土地に合わせて家を建てることになるため、個性的なデザインの建物になることがあります。周りと同じでは嫌だという人に向いているかもしれないです。

変形地で注文住宅を建てるコツ

変形の土地で意外と多くあるのが台形や三角形です。このような形状では、いわゆるデッドスペースと呼ばれる部分ができてしまいがちです。しかし土地の真ん中に家を建て、その周りを庭にしてしまうという方法があります。都会では住宅が密集しがちですが、家の周囲に庭があれば、日当たりを十分に得られます。しかも互いの生活音などが気になりにくいなどのメリットが得られます。もしも車を所有しているなら、余った土地を駐車場にするという方法もあるのです。他にも傾斜地の場合、玄関は二階に設けて、地下室や半地下を作るなどをすると、土地を有効に使えます。いずれにしても、変形の土地に注文住宅を建てる際には必ず業者さんに現場を見てもらい、見積もりを依頼しておくと戸惑わなくて済みます。