広々とした庭を用意できる!

開放的で自由に楽しめる広い庭!

都会を離れて田舎で悠々自適に生活してみたい!と憧れている人は多いのではないでしょうか。新築のマイホームを建てることをきっかけに、田舎に移り住もうと計画を立てている人も少なくないでしょう。田舎で注文住宅を建てる大きなメリットは、広い庭をつくることができるということです。都会に比べて、田舎は土地を広くもてるため、広い庭を設けることができます。庭でペットを飼えますし、子どもの遊び場やバーベキュースペース、家庭菜園やガーデニングなど、たくさんの充実した生活を送れます。都会では隣家との距離が近く、庭があってもそこでバーベキューをしたら、周囲にニオイが充満して迷惑になることもあります。しかし、田舎の場合は隣家との適度な距離感があるため、プライバシーを気にすることなく開放的な暮らしができるでしょう。

その他にもまだある田舎で家を建てるメリット

田舎で家を建てるメリットは、庭が広々としているということだけではなく、都会よりも土地が安いため、大きい家に住めることです。部屋数も多くてゆとりのスペースを持てます。そして過疎化対策に、各自治体ではマイホームを建てるときに補助金を出してくれるケースもあります。そういった補助金を使って、田舎で家を建てる若い夫婦やファミリー層が今増えています。住みたい地域があるなら、自治体の公式ページを見てみるとよいでしょう。また、都会と比較して物価が安いですし、庭で野菜を育てて自給自足をすることもできるので、生活費の負担を減らして暮らせるという利点もあります。排気ガスが少なく、自然の中の済んだ空気の中で、のびのびと健やかに子育てできる環境も整っています。

分譲住宅とは、不動産業者によって一定土地区画を整備し、その区画ごとに建物を建築して土地とともに販売される住宅のこといいます。