共働き世帯向けの家を建てられる!

狭小住宅でも間取りが大切

注文住宅を建てるときには、ライフスタイルに応じた住まいにできることがメリットです。子供がいる家庭であれば子供と共に暮らしやすい家にすることができるように、都市圏で子供のいない共働きの夫婦が暮らしやすい家にすることもできます。
都市圏で働く夫婦の場合、通勤時間を考えて家を建てることが可能です。通勤に電車を使う場合、電車通勤しやすいように土地を選んで購入することができます。また、夫婦共働きで子供がいない場合、狭小住宅でも暮らしやすい間取りにすることも可能です。在宅勤務の場合仕事部屋を用意しつつ、広々とした空間で快適な間取りにつくりあげることもできます。収納の多さなどを含めて、ライフスタイルに合う家にするため建築業者と話し合いましょう。

資金の計画を細かく立てておく

間取りや収納だけでなく、キッチンの大きさや設備の充実、さらに動線を考えた家づくりをしなければなりません。具体的には、家の中の動線によって収納の場所や住宅設備を充実させる必要があります。共働きの場合、夫婦で一緒に家事をするなど目的に応じて使いやすさを考えることが重要となるでしょう。住宅ローンは夫婦それぞれで借りるのか、1人が借りるのかなど、資金計画についてもあらかじめ相談し、早めに返済できるように計画を立てておくことが望ましいです。共働きの場合夫婦それぞれでローンを組むことも可能となるため、計画を立てるときにはよく話し合いましょう。二人が住みやすい家を建てることができるのは、都市圏で注文住宅を建てるときのメリットですが、住み続けて10年後、20年後のことも考えて計画することも忘れないでください。

新築一戸建てには、大きく分けて分譲住宅と注文住宅があります。注文住宅の場合、間取りなどのカスタマイズが出来て人気です。